成人矯正

ワイヤー矯正中の食事で気をつけるべきこと 〜ワイヤー矯正経験者の意見〜

こんにちは。静岡市葵区呉服町の矯正歯科、ブライフ矯正歯科・院長の平塚です。

矯正治療でもメジャーな治療法の一つであるワイヤー矯正。難易度の高い症例でも適用でき、費用も抑えることができますのでオススメの治療法ではあるのですが、

何と言っても食事が取りづらい。

そこで今回は、過去にワイヤー矯正を受けたことのある私の経験をもとに、食事の際の注意点について解説したいと思います。

先に言っておきます。

慣れてしまえば問題ないです。

▽関連ブログ→矯正治療中の食事や飲み物について制限はあるの??治療内容別にポイントをご紹介!!

 

 

気をつけるべき食材

①繊維質のもの
例えば、ニラや長ネギ、ほうれん草などの野菜類です。必ずワイヤーに絡まってきます。
ご自身で調理する際には、なるべく短く切った方が食べやすいと思います。

②かつお節
たこ焼きが大好きな方は要注意です。細かいタイプのかつお節ではなく、大きめタイプのたこ焼きの上でゆらゆらしているあの子です。
必ずワイヤーに絡まってきます。

③粘着性の高いもの
おもち、キャラメル、ガム、ハイチュウなどです。
必ずワイヤーに絡まってきます。

③とても硬いもの(大きめ)
分厚いお煎餅や、氷などです。
ブラケットと呼ばれる装置は治療終了時に外すのですが、治療中にこれらの食べ物を食べるとバキッと外れてしまうことがあります。
できれば食べない方が治療がスムーズに進行しますので良いかと思います。

 

絡まった、挟まった食べ物の取り方

注意していても、必ずワイヤーに何か絡まりますし、ワイヤーと歯の隙間にはこれでもか!と言うほど食べ物が挟まります。
食事中に取っても無駄です。
次の一口ですぐに絡まり挟まります。
まずは、そんなことは無視して食事を楽しみましょう!
そして食べ終わったら、慎重に絡まったり挟まっているものを取るのですが、まずは1回か2回大きくグチュグチュとうがいしてみてください。
大まかにボロボロと取れるはずです。
それから、歯ブラシ、歯間ブラシ、タフトブラシを駆使して綺麗にしていきましょう。
その際、装置が壊れないように優しくお願いします。
外出先で、ブラッシングの時間が取れない場合は、グチュグチュうがいだけでもしていただくと良いです。

 

慣れてくれば、食事の不都合も感じなくなりますし、掃除もコツを掴んで短時間で綺麗にできるようになります。
最初の頃は、「この状況が2年も続くのか!?」と絶望的になりましたが、

安心してください!  慣れますよ!!

 

静岡の矯正歯科|ブライフ矯正歯科

関連記事

当院の紹介記事が10月12日発売の「美人百花」11月号に掲載されました!

最近の記事

  1. おかげさまで開業2周年を迎えることができました。

  2. 治療例(成人矯正) 〜目立つすきっ歯を綺麗にして笑顔に自信をつけたい〜

  3. マウスピース矯正でも歯に何か付けるの? マウスピース矯正の必須アイテム「アタッチメント」とは

  4. 歯磨きをしていたら歯茎から血が出てきた?!これって治るの?? 

  5. 舌に悪影響を受けた歯並びとは?? 歯並びの意外な落とし穴、歯と舌の関係について解説します。