BRIFE Blog

金属アレルギーと矯正治療について。マウスピース矯正であれば問題なく治療可能

こんにちは。静岡市葵区呉服町の矯正歯科、ブライフ矯正歯科・院長の平塚です。

今回は金属アレルギーと矯正治療についてお話ししたいと思います。以前にもこちらのブログ(金属アレルギーをお持ちの患者様の矯正治療)にて簡単に解説していますが、今回はもう少し深掘りします。

 

まず従来の金属のワイヤーとブラケットではアレルギーの金属の種類によっては治療が難しい場合もありました。

今はマウスピース矯正がありますので、金属アレルギーがある方も問題なく矯正治療を行うことができます。

 

金属アレルギーとは?

人の体には、外から入ってきたウイルスや細菌などの異物や敵と戦う免疫機能が備わっていますが、その機能が過剰に反応してしまっている状態がアレルギー反応です。

金属アレルギーは金属のイオンが溶け出し体のタンパクに包まれ、それを異物だと捉え体が反応している状態です。

金属アレルギーの症状は主に皮膚のかゆみや発疹です。

金属そのものに反応して引き起こされるわけではなく、汗などによって金属が溶け出しイオンとなることで引き起こされます。

アクセサリーが原因で金属アレルギーを発症する方がほとんどです。

金属イオンは、血流にのって運ばれていくので、金属と触れている肌の表面に症状が出るとは限らず、原因金属と離れた場所に症状が出ることもあります。

金属には溶け出しやすいもの溶け出しにくいものがあり

溶けだしやすい金属であるニッケル、コバルト、クロムなどの金属がアレルギーとなりやすい金属です。

逆に、金や白金などの貴金属類はイオンになりにくいため、金属アレルギーの原因になることは稀です。

金属アレルギーの原因となっている金属を特定するためには、皮膚科で検査を受ける必要があります。

皮膚科ではパッチテストという検査が行われどの金属にアレルギー反応が起きるのか原因金属を特定してくれます。

 

マウスピース矯正は金属アレルギーでもできる矯正治療です

従来のワイヤー矯正で使用するワイヤーやブラケットにはニッケルやコバルト、クロムが含まれています。

金属アレルギーをお持ちの患者様に対しては、アレルギーになりにくいチタンのワイヤーやブラケットを使うことになるのですが、費用が高額になるばかりか、歯を動かす能力が低いので治療期間長くなってしまいます。

しかし、マウスピース矯正では一切金属は使いません。

当院で扱っているインビザラインのマウスピースは、スポンジや洋服にも使われているポリウレタンでできています。

マウスピース型矯正装置による矯正治療の特徴は以前にもお話ししておりますが、より多くの患者様の治療に適応できるようになっていると思います。

▽関連ブログ→ワイヤー矯正とマウスピース矯正(インビザライン)、どっちがいいの??

 

当院ではワイヤー矯正だけでなくマウスピース矯正(インビザライン)による治療も行っておりますので、様々な患者様に適した装置で矯正治療を進めることができます。

アレルギーがあるから、、、とあきらめていた方もぜひ一度ご相談ください。

 

静岡の矯正歯科|ブライフ矯正歯科

関連記事

当院の紹介記事が10月12日発売の「美人百花」11月号に掲載されました!

最近の記事

  1. 歯の汚れ気になっていませんか? 歯の着色の原因や対処法についてお伝えします

  2. おかげさまで開業2周年を迎えることができました。

  3. 治療例(成人矯正) 〜目立つすきっ歯を綺麗にして笑顔に自信をつけたい〜

  4. マウスピース矯正でも歯に何か付けるの? マウスピース矯正の必須アイテム「アタッチメント」とは

  5. 歯磨きをしていたら歯茎から血が出てきた?!これって治るの??