BRIFE Blog

治療例(成人矯正) 〜歯並びがガタガタで、歯磨きがしづらく見た目も気になる〜 

こんにちは。静岡市葵区呉服町の矯正歯科、ブライフ矯正歯科・院長の平塚です。

治療例のご紹介です。

男子中学生で、主訴は「ガタガタの歯ならびを治したい」とのことで治療を行いました。

初診時の状態では、上下顎に著しい叢生(ガタガタ)があり、さらに犬歯は八重歯の状態でした。

叢生があると、やはり見た目が悪いだけではなく、歯が重なった部分の歯磨きが非常に難しいため、長期的にみて歯周病や虫歯のリスクが非常に高いと言えます。

治療としては、上下の小臼歯を計4本抜歯し、叢生の解消を図り、歯磨きがしやすく見た目も美しい歯ならびになりました。

治療の内容:マルチブラケット装置による矯正歯科治療   
期間:24ヶ月   
費用:総額¥930,000(税込¥1,023,000)    
リスク、副作用:歯磨きがわるい場合には、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。 矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出ることがあります。 体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることがあります。

 

前述の通り、ガタガタの状態は歯周病や虫歯のリスクが非常に高いため、放置すると歯の状態がどんどん悪くなってしまいます。

なるべく早めに矯正治療を開始した方が、良い状態の歯や歯ぐきで治療ができますので、仕上がりも綺麗になります。

一般的に、重度の叢生の場合抜歯が必要になることも多いですが、矯正をしなかった場合は歯周病によって将来的に歯を失う可能性が高いですので、矯正治療に伴う抜歯はデメリットにはなり得ません。

綺麗な歯ならびは、笑顔に自信が持てるだけではなく、歯磨きがしやすく、噛みやすいなど様々なメリットがあります。

 

静岡の矯正歯科|ブライフ矯正歯科

関連記事