BRIFE Blog

成人矯正のメジャーな種類の一つ、マウスピース矯正(インビザライン)の特徴について解説します!!

こんにちは。静岡市葵区呉服町の矯正歯科、ブライフ矯正歯科・院長の平塚です。

今回は成人矯正の代表的な治療法の一つ、マウスピース矯正(インビザライン)について解説したいと思います。

以前に、ワイヤー矯正の特徴について解説しておりますので、是非そちらも合わせてお読みください。

▽ワイヤー矯正の特徴はこちら→成人矯正のメジャーな種類の一つ、ワイヤー矯正の特徴について解説します!!

 

当院では成人矯正の種類として主に表側のワイヤー矯正と、インビザラインをご用意しており、基本的にはどちらかを患者様にご選択いただいているのですが、

インビザラインを選択される患者様が非常に多くなっており、人気の高い治療法であると言えます。

一方で、インビザラインのメリット・デメリットを含め特徴を正しく理解せずに選択してしまうと、「ワイヤー矯正の方が良かった」などといった後悔が残ってしまう可能性もありますので、

矯正治療開始前に正しい知識を身につけ、自分にはどちらが適しているのかを検討するようにしましょう。

それでは順に、インビザラインの特徴について解説していきます。

 

インビザラインの特徴

取り外せる。

まずは何といってもこれでしょう。

ワイヤー矯正と最も違う点が、装置を取り外せるということです。

食事の際にはマウスピースを外していただきますので、不自由なく普段と同じように食事を楽しむことができます。

ワイヤーだと、食べ物が挟まったり、絡まったり、なかなか大変な思いをすることになるのが、インビザラインであればストレスフリーです。

食事の後の歯磨きのしやすさも普段と変わりありませんので、ワイヤーと比較すると雲泥の差です。

中には、マウスピースの取り外しが面倒だとおっしゃる方もいますが、慣れてしまえばものの数秒で取り外しは完了しますので、ワイヤーがついている状況と比較すると圧倒的な優位性があるかと思います。

一方で、マウスピースを外している時間が長くなってしまうと歯の動きに悪影響を及ぼしますので注意が必要です。

指示された使用時間を守るようにしましょう。

 

通院回数が少ない。

インビザラインは、治療開始前にシミュレーションを作成し、それをもとにマウスピースを作成します。つまり、治療が完結するまでのマウスピースが治療開始前の時点で全て完成しているのです。

そのため、ある程度まとめてマウスピースをお渡しすることで、通院回数を減らすことが可能となります。

一方で、通院しないことが患者様からすると不安である場合もあります。

そのため、当院ではマウスピースの治療に限り「デンタルモニタリング」という遠隔診療を導入しております。

マウスピースは週に1回新しいものに交換していくのですが、その度に遠隔診療を行いますので(写真を撮ってただくだけですのでお手間は最小限です)

トラブルを早期に発見できたり、問題なく治療が進行しているのかという患者様の不安も解消できます。

▽デンタルモニタリングに関する関連ブログはこちら

ワイヤー矯正の場合ですと通常月に1回の来院が必要となり、それが2年、3年と続くわけですのでトータルすると通院の負担は大きくなってしまいます。

 

痛みが少ない。

ワイヤー矯正の場合ですと、歯を動かす痛みが出る方が多く、数日間ほとんどまともに食べられなかったという方も中にはいらっしゃいます。

また、ブラケットやワイヤーが頬を傷つけてしまう機械的な刺激による痛みも出ることがあります。

一方で、インビザラインの場合そのような治療中の不快症状がほとんどありません。

歯を動かすスピードを厳密にコントロールしていますので歯に痛みが出にくいのと、

口の中に頬を傷つけるような突起物は装着しませんので、口内炎ができることもありません。

 

審美的である。

これは言うまでもないかと思います。

インビザラインは透明で薄いマウスピースですので、インビザラインを装着している状態で他人に気づかれることはほぼないかと思います。

治療中の見た目を気にされる患者様は多いですが、そのような患者様におすすめです。

 

抜歯を伴う矯正治療も対応可能。

インターネットの情報などでは、いまだにインビザラインは非抜歯の治療しか行えないような記載が散見されます。

確かに、以前はそのように言われていた時代もありました。

その後、さまざまな技術革新やノウハウの蓄積により、現在では抜歯を伴う矯正治療も問題なくインビザラインで行えるようになっています。

実際に当院では、8割以上の患者様をインビザラインで治療させていただいており、もちろん抜歯を伴う治療も含まれております。

私の歯並びではインビザライン適応外かも、と思われている方も諦める必要はありません。

 

矯正治療と並行してホワイトニングが行える。

インビザラインはマウスピースを使用した矯正治療の方法ですので、そのマウスピースを利用してホワイトニングを同時進行で行うことができます。

ワイヤー矯正の場合は、基本的に矯正治療中にホワイトニングを行うことができませんので注意してください。

特に、結婚式など重要なイベントに向けて矯正治療を始めようと思っている患者様には大変喜ばれております。

 

 

いかがでしたでしょうか。

インビザラインの登場により、矯正治療を快適に受けていただけるようになりました。

多くの皆様に自信を持ってお薦めできる治療ですので、矯正治療をお考えの患者様はぜひ一度ご相談にいらしてください。

 

静岡の矯正歯科|ブライフ矯正歯科

関連記事

当院の紹介記事が10月12日発売の「美人百花」11月号に掲載されました!

最近の記事

  1. 歯の汚れ気になっていませんか? 歯の着色の原因や対処法についてお伝えします

  2. おかげさまで開業2周年を迎えることができました。

  3. 治療例(成人矯正) 〜目立つすきっ歯を綺麗にして笑顔に自信をつけたい〜

  4. マウスピース矯正でも歯に何か付けるの? マウスピース矯正の必須アイテム「アタッチメント」とは

  5. 歯磨きをしていたら歯茎から血が出てきた?!これって治るの??