BRIFE Blog

マウスウォッシュ、デンタルリンスは歯磨きの代わりにはなりません。正しい使い方と違いを説明します。

こんにちは。静岡市葵区呉服町の矯正歯科、ブライフ矯正歯科・歯科衛生士の髙橋です。

通常の歯磨きに加えてマウスウォッシュ(洗口液)、デンタルリンス(液体歯磨)をお使いの方もいると思います。

時々、歯磨きの代わりにマウスウォッシュを使ってます!という方もいますが、
残念ながらマウスウォッシュ自体には汚れを落とす効果はありません。

今日はマウスウォッシュの正しい使い方を解説していきます。

 

マウスウォッシュ、デンタルリンスの効果と効能

マウスウォッシュ、デンタルリンスには化粧品と医薬部外品に分類が分けられています。

化粧品に分類されるものは口の中を浄化する、口臭を防ぐといった効果があります。

医薬部外品に分類されるものは化粧品の製品の効果効能に加え、各薬用成分によってむし歯の予防・歯垢沈着の予防・口臭の防止・歯肉炎の予防などの効果が期待できます。

なのでドラッグストア等で購入する際には成分や分類を確認して購入することをお勧めします。

 

マウスウォッシュとデンタルリンスの違い

先ほどから言っているマウスウォッシュ(洗口液)とデンタルリンス(液体歯磨)には使い方に違いがあります。

マウスウォッシュ(洗口液)は適量をお口に含み20〜30秒ぶくぶくとすすいで出します。

デンタルリンス(液体歯磨)は適量をお口に含み20〜30秒ぶくぶくとすすいで出したあと
歯ブラシでブラッシングをします。ブラッシングを行うことで効果を発揮します。

メーカーによっても使い方が違ったりするのでこちらも確認して正しい使用方法を守ってください。

 

マウスウォッシュは歯ブラシの代わりにはなりません

まず大切なこととしてマウスウォッシュ等で口をすすぐことは歯ブラシの代わりにはなりません。

口をすすぐことでスッキリしたり綺麗になった感じになるので歯磨きの代わりと考えてしまう方もいるかもしれません。

しかしお口の中の汚れはすすいだだけではほとんど落ちません。

しっかり歯ブラシで擦ることによって汚れが落ちるのです。

歯ブラシをせずにマウスウォッシュを使っていてもお口の中に残った汚れによってマウスウォッシュの効果が発揮されない場合もあります。

なのでマウスウォッシュはあくまで歯ブラシした上での補助としてお使いください。

 

マウスウォッシュを使うタイミング

1、基本的には朝起きた時歯磨きの前に寝ている間に増えた細菌を洗い流すために。

2、寝る前に歯磨きをした後、寝ている間の最近の増殖を抑制するために。

寝ている間に唾液量が減少するためお口の中の細菌が増加します。

そのため寝る前に使用することで細菌の増加を抑制し、朝起きた時に使用することで増加した細菌を殺菌するとよいでしょう。

また昼食後、すぐに歯を磨けない時に応急的にマウスウォッシュですすぐだけでも何もしないよりは良いと思います。その際は朝晩の歯磨きは入念に行いましょう。

あとは歯磨きと歯磨きの間が空いて口の中が気持ち悪い時なども使用できます。

 

選び方

お昼に歯磨きができない時の代わりとして使用する場合には小分けになっていて持ち運びがしやすいマウスウォッシュ等がいいと思います。

朝、寝る前に使用するものとしては医薬部外品の虫歯予防や歯周病予防の効果があるものを使うと殺菌効果もありますので寝ている間の予防等にも効果的かと思います。

アルコール成分が含まれていて少し刺激が強いものや味もかなりの種類がありますのでご自身に合ったものをお選びください。

 

まとめ

マウスウォッシュは正しい使い方をすることで虫歯、歯周病の予防にもつながります。

朝起きた時の口の不快感の改善や口臭予防にも効果があります。

ドラッグストア等でもかなりの種類が売られているのでご自身の好みに合うものを探してみるのも楽しいかもしれません。

 

静岡の矯正歯科|ブライフ矯正歯科

関連記事

当院の紹介記事が10月12日発売の「美人百花」11月号に掲載されました!

最近の記事

  1. 歯の汚れ気になっていませんか? 歯の着色の原因や対処法についてお伝えします

  2. おかげさまで開業2周年を迎えることができました。

  3. 治療例(成人矯正) 〜目立つすきっ歯を綺麗にして笑顔に自信をつけたい〜

  4. マウスピース矯正でも歯に何か付けるの? マウスピース矯正の必須アイテム「アタッチメント」とは

  5. 歯磨きをしていたら歯茎から血が出てきた?!これって治るの??