その他

骨粗しょう症の方の矯正治療について。ビスホスホネート製剤(BP製剤)は注意が必要です。

こんにちは。静岡市葵区呉服町の矯正歯科、ブライフ矯正歯科・院長の平塚です。

突然ですが、ビスホスホネート製剤(BP製剤)という種類の薬はご存知でしょうか?

BP製剤は、主に骨粗鬆症の予防や治療に使用されますが、そのほか骨の病気、癌の骨転移の進行抑制などで使用されています。

国内では、100万人以上の方がBP製剤を使用していると報告されております。若年層でBP製剤を使用している方は少ないのですが、中高年層の方はご自身だけでなく身近にもBP製剤を使用している方がいらっしゃるかと思います。

このBP製剤ですが、矯正治療を受けるにあたっては注意が必要となりますので、今回は骨粗しょう症の方の矯正治療について解説していきたいと思います。

 

骨粗しょう症とは?

骨粗しょう症とは、簡単に言うと骨が脆くなってしまう病気です。

重度の場合は、少しの刺激で骨折してしまうこともあります。

治療としては、主に薬剤を使用して骨量・骨密度を上昇させることで、骨を強くします。

骨粗しょう症になる原因は、「骨の新陳代謝が悪い」「血中にカルシウムが流出する」「骨内のコラーゲンが減少する」などです。

骨粗しょう症は主に年輩層に発症しやすい病気ですが、稀に若年層でも発症する方がいらっしゃいます。

 

骨粗しょう症に使われる薬の一つ、ビスホスホネート製剤(BP製剤)

骨粗しょう症の治療には「ビスホスホネート製剤(BP製剤)」と呼ばれる薬が使われます。

骨吸収や破骨細胞という骨を破壊する細胞の働きを抑制し、骨密度を上げる効果が期待でき、骨粗しょう症による骨折などを防ぐ働きをします。

また多発性骨髄腫、骨形成不全症、悪性腫瘍の骨転移を防ぐためにも使用されます。

BP製剤は、口から飲む経口投与と、注射による投与があります。

飲み薬としての名称は、ボナロン、フォサマック、アクトネル、ベネットなどです。お薬手帳をお持ちの方はぜひ確認してみてください。

一方で、注射としてBP製剤が使われることもあります。経口投与の場合は処方箋により薬の名称を把握することができますが、注射の場合は確認する術が難しいため、歯科治療を受けている患者はかかりつけ医に相談し、確認しておくことが望ましいでしょう。

矯正治療を行う際は、以下に述べる副作用の問題から抜歯がすぐにできないため、BP製剤を処方しているかかりつけ医と連携を取る必要があります。

 

BP製剤使用中の外科的処置は顎の骨が壊死するリスクがある

矯正治療では、歯を並べるスペースを確保するなどの目的で抜歯を行うことがあります。

しかし、BP製剤を使用した骨粗しょう症の治療途中に、抜歯などの外科的処置を行うと「顎の骨が壊死する」という重大な副作用が報告されております。

BP製剤服用中に抜歯を行った場合、顎の骨壊死の主な症状は、以下のとおりです。

  • 歯肉の痛み、腫れ
  • 抜歯を行なった周囲の歯がぐらぐらする
  • 膿のようなものが出る
  • 顎の骨がしびれる、顎の骨が壊死する
  • 抜歯を行なった部位の骨がむき出しになる

また実際に、BP製剤服用中に抜歯を行った場合は、治癒が非常に悪いという結果が報告されています。

特に口腔内の衛生環境が良くないと、このような症状が顕著に現れます。既

に薬を飲んでいる場合は、歯科医院でのメインテナンスをしっかりと受け、家庭でのセルフケアも徹底することで口腔内の清潔を保ちましょう。

 

抜歯を行うためには、最低3ヶ月はBP製剤の休薬が必要

矯正治療において抜歯が必要となった場合は、最低3ヶ月以上の休薬期間が必要です。

また薬の再開は、抜歯後に粘膜や骨が再生される3ヶ月後くらいが目安です。

ただし、薬の休止と再開を勝手に行うことは危険なため、自己判断せずかかりつけ医に必ず相談しましょう。

もしこれからBP製剤を使用する治療を行う予定があるという場合は、矯正時に必要な抜歯を先に完了させておくことで、顎骨壊死のリスクを回避できます。

 

まとめ

初めてかかる歯科医院では、問診表の記入やカウンセリングを受けることになります。

その際に、飲んでいる薬や疾患など全身状態を問われますが、骨粗しょう症の治療を受けている場合は必ずその旨を伝えるようにしましょう。

特に矯正治療は抜歯が必要なケースがありますが、骨粗しょう症の薬を飲んでいることを歯科医院に伝えておかないと重大なトラブルにつながりかねません。

安全に治療を進めていくためにも、情報提供にご協力をお願いいたします。

 

静岡の矯正歯科|ブライフ矯正歯科

関連記事