矯正治療中の生活

矯正装置の着色について〜着色しやすい装置、食べ物、飲み物について解説します〜

こんにちは。静岡市葵区呉服町の矯正歯科、ブライフ矯正歯科・歯科衛生士の髙橋です。

矯正したことのある方はご存知かと思いますが、矯正治療中は食べ物や飲み物によって装置が着色してしまうことがあります。

そこで、今回はどんな装置が、どんな食べ物によって着色しやすいかを解説させて頂きます!

 

着色しやすい装置

プラスチックブラケット
ワイヤーとブラケットを止めるゴム(モジュール)
歯を移動するときにかける透明のゴム(パワーチェーン)

基本的にはプラスチックやゴムの部分が時間が経つと黄色っぽくなってきます。

着色しやすい食べ物、飲み物

 イギリス人の紅茶好きは嘘?コーヒーにまつわる話 | 明場由美子(あけば ゆみこ)の英語発音クリニック

 

色の濃い食べ物、飲み物です。
例えば食べ物はカレー、ミートソース
飲み物はお茶、コーヒー、紅茶などがあげられます。

インビザラインも着色するの??

 

インビザラインについては基本的にお食事の時は外していただく装置なので食べ物で着色することはほとんどないですが、
装着したままコーヒーやお茶を飲んでしまうとマウスピースが黄色っぽく変色します。
ただ、着色しても1週間程度で新しいマウスピースに交換していきますのでそこまで気にする必要はありません。

まとめ

歯の着色自体は等で落とせますが矯正装置の着色はいくらご自身でのケアを頑張っていても徐々に装置は黄色っぽく着色してしまいます。
色の濃いものをすぐ食べたら歯を磨く、うがいをする等のケアで着色してくるスピードはゆっくりにはなりますが完全に防ぐことは難しいです。

着色が気になる方は矯正期間中は色の濃いものは避けていただいたりコーヒー等の飲み物はストローを使って装置に当たりにくくするなどの工夫が必要になってきます。

またセラミックブラケットをお選びいただくとブラケット自体に着色しなくなるため、プラスチックブラケットに比べて気になりにくくなると思いますのでご相談ください。

インビザラインの方は装着したまま飲むものはお水にしていただいたり、コーヒー等を飲む際は外して、飲んだらうがいをしてから装着するといったことをしていただけると着色しにくくなります。
また着色が気になるときは矯正装置用の洗浄剤をお使いいただくと使わないよりは綺麗にお使いいただけます。

矯正治療中困ったことがあればお気軽にご相談くださいね!!

 

静岡の矯正歯科|ブライフ矯正歯科

関連記事

当院の紹介記事が10月12日発売の「美人百花」11月号に掲載されました!

最近の記事

  1. 歯の汚れ気になっていませんか? 歯の着色の原因や対処法についてお伝えします

  2. おかげさまで開業2周年を迎えることができました。

  3. 治療例(成人矯正) 〜目立つすきっ歯を綺麗にして笑顔に自信をつけたい〜

  4. マウスピース矯正でも歯に何か付けるの? マウスピース矯正の必須アイテム「アタッチメント」とは

  5. 歯磨きをしていたら歯茎から血が出てきた?!これって治るの??