BRIFE Blog

矯正治療で、歯はどうして動くの??歯が動くメカニズムを解説します!

こんにちは。静岡市葵区呉服町の矯正歯科、ブライフ矯正歯科・院長の平塚です。

矯正治療は歯を動かす治療なのですが、

そもそも、どうして歯が動くのかみなさん知っていますか?

興味ある方はついてきてください!!興味なければ読まなくてもオッケーです!!

ではまず、下の図をご覧ください。

歯は骨に植わっています。でも、直接くっついているわけではなくて、歯の周りには「歯根膜」と言う膜が覆っています。

この膜が、歯が動こうとする側は圧迫され縮みます。逆に反対側は引き伸ばされます。

そうすると、歯根膜が縮んだ側には「破骨細胞」と言う骨を溶かす細胞がやってきて骨を積極的に溶かし始めます。

一方で、歯根膜が引き伸ばされた側には「骨芽細胞」と言う骨を作る細胞がやってきて骨を積極的に作り始めます。

このような骨が壊されたり作られたりするサイクルを「リモデリング」と呼びます。

歯は周囲の骨がリモデリングすることで、ゆっくりと移動していくのです。面白いですね〜。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!!

静岡の矯正歯科|ブライフ矯正歯科

関連記事

当院の紹介記事が10月12日発売の「美人百花」11月号に掲載されました!

最近の記事

  1. 歯の汚れ気になっていませんか? 歯の着色の原因や対処法についてお伝えします

  2. おかげさまで開業2周年を迎えることができました。

  3. 治療例(成人矯正) 〜目立つすきっ歯を綺麗にして笑顔に自信をつけたい〜

  4. マウスピース矯正でも歯に何か付けるの? マウスピース矯正の必須アイテム「アタッチメント」とは

  5. 歯磨きをしていたら歯茎から血が出てきた?!これって治るの??