未分類

歯の汚れ気になっていませんか? 歯の着色の原因や対処法についてお伝えします

こんにちは。静岡市葵区呉服町の矯正歯科、ブライフ矯正歯科・歯科衛生士の髙橋です。

最近歯が黄色くなってきた気がする。前歯が何か茶色い、、、などと気になったことはありますか?
もしかしたらそれは着色かもしれません。

 

着色は色の濃い飲み物、食べ物でついてしまいます。例えばコーヒーや紅茶などのお茶類、ワインなども着色の原因です。またよく言われているのはタバコです。いわゆるヤニというものになります。

歯の表面はペリクルという薄い膜で覆われています。このペリクルは粘着性が高く細菌やプラークなどの汚れを吸着しやすい性質があり、色の濃いものを食べたり飲んだりすることでペリクルが着色しそれが積み重なることで歯に沈着し着色となっていきます。

最近、歯が黄色くなってきている気がするといった方はまず歯科医院で一度クリーニングを受けてみましょう。
その原因が着色だった場合にはクリーニングだけでとても綺麗になります。

歯自体が黄色味が強い方もいらっしゃいますのでその際は一度クリーニングを受けた後ホワイトニング等を検討してみるのがいいかもしれません。

 

着色は人それぞれお口の中の状態によってつきやすい方、つきづらい方がいらっしゃいます。
あまり色の濃いものを摂取しない小さなお子様でもお口をポカーンと開いてる癖がある子は前歯が乾燥しやすく着色がつきやすくなってしまうこともあります。

 

 

着色しづらくするには、、、

・濃い色の食べ物飲み物などを摂取したまま放置しない。
濃い色のものを摂取した後は早めに歯磨きをするか、水でうがいをするようにしましょう。

・お口をポカーンと開けたままにしない。
お口が開いたままになっていると歯の表面が乾燥します。乾燥した状態が続くことで着色しやすくなってしまいます。

・着色に特化した歯磨き粉を使う。
着色がしづらくなる成分が入った歯磨き粉があります。
日常的に濃いものを摂取する方などは歯磨き粉を変えてみると着色しづらくなります。

・歯科医院で定期的にクリーニングを受ける
どんなに日常の歯磨きを頑張っても、ステインを落とすことや着色を防ぐことには限界があります。歯科医院で歯のクリーニングを受けると、家庭ではなかなか落とせない頑固な汚れをすっきりと落とし、歯本来の色を蘇らせることができます。特にタバコのヤニは自分で落とすことは困難なため、歯科医院でのクリーニングが必要です。

またクリーニングを受けることは歯の予防にもなります。虫歯や歯周病の原因となるプラークや歯石を取り除くことで歯のトラブルを防ぐことが可能です。

 

着色汚れを落とすだけでなく歯の健康のためにも3〜6ヶ月に一度のクリーニングは受けるようにしましょう。

また、クリーニング等をした上でさらに白い歯になりたいと思う方はホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか。

当院ではホームホワイトニングを扱っております。インビザライン矯正の方は矯正中でも行えるホワイトニングとなっておりますので気になる方はお気軽にお声がけください。

 

 

静岡の矯正歯科|ブライフ矯正歯科

関連記事

当院の紹介記事が10月12日発売の「美人百花」11月号に掲載されました!

最近の記事

  1. 歯の汚れ気になっていませんか? 歯の着色の原因や対処法についてお伝えします

  2. おかげさまで開業2周年を迎えることができました。

  3. 治療例(成人矯正) 〜目立つすきっ歯を綺麗にして笑顔に自信をつけたい〜

  4. マウスピース矯正でも歯に何か付けるの? マウスピース矯正の必須アイテム「アタッチメント」とは

  5. 歯磨きをしていたら歯茎から血が出てきた?!これって治るの??