BRIFE Blog

マスクと矯正治療。コロナ禍の今、矯正治療を始める人が増えています!!

こんにちは。静岡市葵区呉服町の矯正歯科、ブライフ矯正歯科・院長の平塚です。

新型コロナウイルス感染症について、国内では落ち着きを見せてきている一方で、海外においては新たな変異ウイルスによる脅威にさらされており、なかなか明確な出口が見えないですね。

その一方で、コロナ禍の今、実は矯正治療を始める人が増えているんです。

みなさん口を揃えておっしゃるのは、マスク生活の今の内に矯正してしまいたい、とのこと。

矯正治療中の見た目を気にされる方は、日本においてはまだまだ多く、矯正治療を受けるハードルになっているのは事実です。

しかし、コロナ渦においては、季節問わず皆がマスクをしており、矯正治療中の口元を隠す絶好のチャンスというわけです。

特に、マウスピース矯正の適用にならなかった患者様にとっては、非常に前向きに治療を考えられる状況と言えるようです。

一方で、矯正歯科医の立場からしますと、これまで通り矯正治療中の見た目というよりも、やはり治療後の歯並びの価値、矯正治療をする意義をしっかりと伝えるとともに、

個人個人にベストな治療方針を提案していきたいと思います。

 

静岡の矯正歯科|ブライフ矯正歯科

 

 

関連記事

当院の紹介記事が10月12日発売の「美人百花」11月号に掲載されました!

最近の記事

  1. 歯の汚れ気になっていませんか? 歯の着色の原因や対処法についてお伝えします

  2. おかげさまで開業2周年を迎えることができました。

  3. 治療例(成人矯正) 〜目立つすきっ歯を綺麗にして笑顔に自信をつけたい〜

  4. マウスピース矯正でも歯に何か付けるの? マウスピース矯正の必須アイテム「アタッチメント」とは

  5. 歯磨きをしていたら歯茎から血が出てきた?!これって治るの??